--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.13

Golden Week 2007 飼い主編 -日本とアイルランドのワンコ

ようやくアップします、ゴールデンウィークのこと(汗)。
何かと忙しくてもう一つのお気楽日記も全然更新できず。

今年のゴールデンウィークも私とノエルはバラバラに過ごしました。

まず私のゴールデンウィークから・・・

今年のアイルランドは本当に天気
が良くてびっくりしました。
4月の日本の気候が春らしくない陽気で、時々冬のように寒くなったり。
一方のアイルランドは気候がすこぶるいい、と聞いていたのですが、本当にそうでした。
いつも防寒準備は万端にしていっても寒さに震えていたのですが、今回はそんなこともなく・・・
雨にも全く降られず。私が今までアイルランドに来た中では最高の気候でした。
P4280476.jpg


もちろん毎日歩き回りましたよ。
綺麗な風景が毎日見れて満足でした。
湖のハーバーに行く途中で撮った写真です。
P4290479.jpg


右側の建物は、昔のアイルランドの貴族の館です。
石で出来ているのですが、このような遺跡はアイルランドではよく見られます。
P4290480.jpg


P4290481.jpg


ハーバーに到着すると何やら人が集まっています。
よく見ると結婚したばかりのカップルとその親族でしょうか。
P4290483.jpg


対岸で湖を眺めていると、何やらこんな声が聞こえました。
「3数えたら皆でジャンプしよう!」
P4290484.jpg


スリー、トゥー、ワン・・・
ジャンプ!
P4290488.jpg


P4290489.jpg


ジャンプ後は皆で大笑い。
P4290487.jpg


3月から10月まではアイルランドでは結婚式が行われます。
12月から2月までの結婚式はタブー。なぜかというと天候が最悪だからです。

水曜日は車で40分先の町に夕食を食べに。
こちらは私の前菜。
P5030501.jpg


そしてメイン。
P5030504.jpg


しっかりデザートも食べてしまいました。
これでもうお腹いっぱい(笑)
P5030505.jpg


私の英語の勉強に欠かせない二人です。
PB020074.jpg

右がJeremy。私の父と同い年ですが、とてもそうには見えません(笑)
2度目の留学の時は父に話せないような事をよく相談していました。
今でもそうですね。
考えてみれば、Jeremyと初めて会ってから今年で7年です。
左がColette。フランス語の名前ですが、紛れもないアイルランド人。
とにかくよくしゃべる!口から生まれてきたんじゃないか?と思います(笑)
ただあまりにもズバズバはっきり言うので、時々喧嘩してしまいます。
去年の今頃は実は大喧嘩してしまったのですが・・・
知らないうちに元に戻っていました(苦笑)
彼らははっきり物事を言い、それが終わるともう後まで引きずりません。
これが日本人と違う一面ですね。

今回はパブでビリヤードをやってきました。
もちろん熊手無しですよ(笑)
P5050508.jpg

結果は・・・お互い修行を積むべきでしょう・・・

-------------------------------------------------------
副題の「日本とアイルランドのワンコ」。

こちらはこの町にある唯一の動物病院です。
P4290494.jpg


犬ネコだけでなく4本足の動物は何でも診察。
馬や牛、羊も診察対象です。
恐らく周囲15キロ以内には動物病院などありません。
日本のように「いい動物病院」「悪い動物病院」などと言ってられないでしょう。
そして、この動物病院の窓にこんなステッカーが。
P4290495.jpg


「犬はクリスマスだけのものではない」

ここの人達の犬の飼い方を見ると時々びっくりするようなことが多いです。
飼い主が家に帰るまで、家の前の広場に放し飼い。
ワンコを車の後ろの荷物入れにポイッと放り投げて(!)、そのまま発車・・・
餌もドッグフードだけでなく、時々飼い主の残りの食事をそのまま餌入れに。
確かに感心できる犬の飼い方ではありません。

ただ私が思うに、日本とアイルランドのワンコの大きな違い。
それは、行政が動物をしっかり管理・保護しているかどうかです。
アイルランドにも無茶苦茶な犬の飼い方をしている人間がいます。
そのような時にすぐに出てくるのは日本のような民間の愛護団体ではなく、公的機関と警察です。
日本の保健所のように名ばかりの「指導」はしません。
動物病院もそう。ペットブームにつけこんで、いい加減な診察をして金儲けしている悪徳獣医などいないでしょう。もっともアイルランドはペットブームなどありませんが・・・
数が少ないですが、一度悪評が立てばもう仕事は出来ないでしょう。

美味しい物・綺麗な服を着ていながら法律に守られていない日本のワンコ。
ワンコにとってみれば、どちらが安心して暮らせる国なのでしょうか・・・
ペット産業を発展させるのでなく、法律制定や公的機関を改善していくのが先だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ

綺麗な景色だ~
私は今日は人にまみれていたからコレはなかなか癒されるよ。
結婚式でもちろんakinoelleちゃんもジャンプしたんだよね?(笑)
ペットの飼い方はお国によって随分違うみたいだね。
警察に守られているなんて良いね。日本じゃ、考えられない。
アイルランドを見習って欲しいわ。

楽しかったみたいね~♪

充実したGWだったみたいですね^^
そして美味しい物&素敵な景色を見てリフレッシュ出来たかな~??

アイルランドはあまり人が歩いてないの~?
お写真に人影がないのは??ブログのためにわざとなのかな~?
結婚式の記念写真でジャンプするなんてユニークで可愛いね(^^)
アッコさんの結婚式の時もみんなでジャンプするからね~(笑)

国によってペットの飼い方も様々なんですね~
日本はワンコ達には住みづらいのかな~?
お洋服も本当は着たくないのかもね~(汗)
でも、つい可愛くて買ってしまうけど(^^;

次回はノエルちゃんのGW編ですね!
色々楽しいお話が聞けそうでワクワクします(^0^)

素敵な景色でなんだか見てるだけでリラックスできます^^
お食事のデザートすごいボリュームですね(*⌒д⌒*)おいしそうっ!!

ほんと日本のワンコは法律に守られていない。。。ですね。。。
国によって色々なんですね~。

>飼い主が家に帰るまで、家の前の広場に放し飼い。
 ワンコを車の後ろの荷物入れにポイッと放り投げて(!)、そのまま発  車・・・
 餌もドッグフードだけでなく、時々飼い主の残りの食事をそのまま餌入れに。

ハワイでも 時々見かけます。
イギリス? だか ドイツ? だかでは ちゃんと訓練してるのでリーシュなしでの散歩が普通とか聞きましたが 本当ですか?

アイルランドって大自然なんですね~♪
日本の土地事情(特に首都圏)では、とても放し飼いは不可能ですもん
吠えても怒られ 飛び出したら車にひかれ・・・
お金が第一優先の今の日本では、人間にだって
行政はひどい事多いと思いますもん・・・

akubiちゃん

まさか~!ジャンプしないよ(笑)
面白いよね~、こちらの結婚式って。
新郎新婦が乗っている車もリボンで大きく結び付けられているんだよ。
こっちってアニマルポリスもどきの機関がちゃんとあるのよ。
変な飼い主が多いのはどこでも同じ。
でも公的機関のあるナシで全然違ってくるよね。

アイアイさん

リフレッシュできたけれど、同時に疲れた・・・(笑)

さすがにあまり人を写しても面白くないからね~
景色中心に写しているけれど、確かに田舎町だからあまり人は歩いてないね。
人より牛や羊の数の方が多いかも^^;

そうよね、服は可愛いからつい買っちゃうよね。
私もこの前奮発してつい着物なんぞ・・・(私は持ってないのに)。
ただこちらの犬を見ていると、日本みたいに扱われていないのよ。
ある意味、日本人の飼い主って凄い両極端だと思う。

えっ?私の結婚式?
それはないから、期待しないでね(爆)

アヨチンさん

本当に凄いボリュームで、これを毎日続けていたら確実に太ります。
(ダイエット宣言したばかりなのに・・・涙)

法律で守られているかいないかで全然違いますね。
日本は不幸になる犬の数が多すぎる。
これもいい加減なブリーダーとペットショップのせいだと思います。

koaママさん

それは確かドイツだと思います。
ちゃんと訓練されてノーリードで歩かせるのが認められているのは。
ドイツは犬の飼育にも厳しい審査があるからね。

日本もこれぐらいしたら、動物愛護団体なんて必要ないだろうに。

にのちゃんさん

本当に日本は営利優先主義ですね。
金のためなら、何でもって感じで。
行政だって弱いもの(老人、障害者、動物)に対しては対応がいい加減ですからね。
先進国って言えるんでしょうか?だから、他の先進国からも経済以外は相手にされないと思いますよ。

素敵な風景ですねー☆
実際には写真では表しきれないほどステキなんだろうなー *^^*
結婚式も!何だか気取ってなくていいですよね♪

国に守られてるワンコ、羨ましいですね。
日本の国も、みんなの声でそれが実現できるようにしましょう!
1人だけではできないけれど、
少しずつでもみんなで諦めないで運動していけば、少しずつ少しずつでも変わってくるはず。
今後の私達が変えて行かないとと思います。

りょんさん

一人一人の意識が大切ですね。
ここまでペットブームにしていながら、アフターケアはずさんですし・・・
金優先というのが見え見え。
行政も昼寝する時間があるのなら、しっかり仕事してもらいたいもんですね(笑)

面白い結婚式でしょ?
結構ユニークな物が多くて、堅苦しいさなんてないですよ♪

お帰りなさ~い♪アイルランドだったんだね♪
天候が良くて何より、無事に帰国なりよりです^^
ジャーンプの岩にへばりついて写真撮ってる(?)人がちょっとツボ ( ̄m ̄*)
相変わらずデザートが凄いわね☆これだけでお腹いっぱいになりそう
でもまぁ別腹よね♪

国がハッキリきっぱり保護してくれているのはいいですね
一応神奈川県は条例でノーリードは30万円の罰金ですけど
知ってる人殆ど居ないんじゃないかな?それにノーリードにしたって逮捕されるわけじゃないし

少し前から覗いていた「内弁慶のなんたらかんたらブログ」ってチワワのブログ
リード引きずってる写真があって嫌だなと思っていたら
今度は湘南の海で、まったくのノーリード
同じ神奈川県在住だけに物凄く不愉快です、メールフォームからメールしようかとも思ったけど
どうせまた逆ギレされるだけなんですよね?そのブログにコメントしてる人達も最低だわ
犬飼う資格無いよね

まなママさん

ああ、あのブログの人ね。
私も覗いてコメントしていたけれど(爆)、でも時々???と思うことがあってもう行っていません。
パスワードを変えたときもお知らせしていないので、もう来ないでしょう。
あれじゃノーリードを助長しているようなもの。
しかもびびりちゃんなら尚更。
パニックに陥った時にどこかに走っていってしまうかもしれないのに。
そういえば、私の家の近くに住んでいるはずなのよね~(苦笑)
罰則のない条例なんて、ザル法なのに。
あっても意味ないよね。

このジャンプの写真は面白いでしょ?
結婚式もあまり格式ばっていない。さすが陽気なアイルランド人だと思います。

お帰り~♪
待ってたよ~と言いながら出遅れてごめんね(>_<)

私は携帯だから写真小さいんだけど結婚式の写真とっても楽しそうなの伝わったわぁ!
勿論あきちゃんもジャンプしたんだよね(笑)

お食事も美味しそうでボリューム満点だね!
言いたい事言って後に引きずらない仲っていいよね。
日本人は違うから考えてしまう事よくあるわぁ…

アイルランドもアニマルポリスがいるんだぁ。

ん~美味しい物いっぱい食べさせてあげたいし綺麗な服も着せてあげたいけど人間もわんこも守られてるって思える場所しにいるのが幸せだと思う♪

難しくて出来ない事じゃないから日本も考えて欲しいわぁ。

お帰りなさい~。アイルランドですかぁぁ。
私は行ったことないけど、緑豊かでのんびりした感じがしますね。
アイルランドはお料理はおいしいの?
私はイギリスであまりの食事のまずさにびっくり!
でも、イギリスの男性はお洒落でかっこい(なんのこっちゃ)。

「犬はクリスマスだけのものではない」
っていい言葉だなぁぁ。
胸に染みます。
日本でこういうことをはっきり書く病院もSHOPもないもんね。
やっぱり意識の違いなのかな。

まなママも書いていたけど、私もちょくちょく遊びに行っていたブログで、ノーリード(リードはつけてるだけどそのときだけ手を離して遊ばせてる)の写真が掲載されているのを見ると、もうそのブログには行かなくなります。
日本で飼い主の意識をあげるにはどうしたらいいんだろう。

いちごちゃん

ジャンプ?一緒にしたらうけただろうな~(笑)
面白いよね~、こういうのやると。

何でも言い合ってすっきりすればいいよね。
それが海外の人の良い所なんだけれど、言い過ぎて喧嘩になるのもまた短所なんだけれどね(笑)

向こうってペットショップがないでしょ?
それだけでも大きな違いだよね。
ちゃんとした公的機関が出向いていって、違反者に厳重注意などしているし。
警察付き添いで。
日本も営利優先にしないでこういう一面を見習って欲しいよね。

まひみかママさん

アイルランドのお料理?
イモ料理だらけです(爆)
でも大好きなんです、イモ料理。
マッシュポテトだけでも幸せ~
イギリスは・・・ノーコメントで(笑)
本当に美味しいイギリス料理を食べるには、田舎に行くのが一番です。

アイルランドもノーリード又は放し飼いが圧倒的に多かったんだけれど、しっかりしつけされているし、他の犬同士で喧嘩なんてことは絶対なかったのよね。
日本は違うでしょ?
なのにバンバン犬を放しているし、流血騒ぎなんて当たり前。
ドッグランだって決して安全な場所ではないですよね。

餌や洋服などのサービスなんかより、こういう公的機関や法律を充実させる方が先決だろ?と思っている私です。

綺麗な景色にしばし空想の旅に出させてもらいました。(笑)

日本とアイルランド、とんでもない飼い方をしている人間がいるのはどちらも同じかもしれないけれど、
国全体の考え方や取り組み方を見ると大きな違いですね。
ペットブームもペット産業の戦いもペットからしてみたら
関係ないですもんね。そんなことより
一家族として毎日幸せに暮らせたら・・
そして自分が生活する国が自分達の事をもっと考えて
守ってくれたら・・
そっちのが犬達からしたら幸せだと思いますよね。

まるまるさん

アイルランドは好きですよ。
天気さえよければ永住したい(笑)

とんでもない飼い主はどこにでもいるんですよね(ドイツは別だと思いますが)
ただ、日本のように浮かれたペットブームなんてものはないし、「モノ」として取り扱っていないのも事実。
現にペットショップは存在しませんから。
ワンコにしてみたら、法的に守られている国の方がいいでしょうね。
プロフィール

あっこ

Author:あっこ
三十路独身街道を驀進中。
気ままな生活を楽しんでおります。

お転婆チワワと大人しいハムスターと暮らしています。

実家には柴犬のタロが生息。時々面倒を見に行っています。

ノエル


Birth:2005年7月1日
Color:ブラウン&ホワイト(お腹の中は腹黒・・・)
Weight:3.22キロ(いつもダイエット中)
Character:大人しいふりして、実は特攻隊長。大きい犬にでもまっしぐら。いたずらの女王。


ピアノ

   
Birth:2007年7月22日
Color:ブラックソリッド
Weight:2.12キロ
Character:びびりちゃん(?)。膝乗りチワワ。超甘えん坊。


PB151036.jpg

小次郎
Birth:2006年11月17日
Color:キンクマ
Weight:不明
Character:以前はびびり。今はふてぶてしい(笑)


番外・・・

タロ(実家の柴犬)
Birth:2003年1月12日
Color:赤
Weight:13.5キロ
Character:良家(?)のボンボンらしく、柴犬にありがちな警戒心・闘争心ゼロ。以前は破壊王でしたが、今はその座をノエルに譲渡(?)。

気まま掲示板
あしあと残してくれれば嬉しいです♪
ot15-1.gif
1日1回のクリック募金
クリック募金にご協力お願い致します♪
FC2カウンター
最近の記事
バーナー



noleadbana1.gif

月別アーカイブ
カテゴリー
いくつになったの

いくつになったの

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
回転する犬
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。