--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.19

自信ありますか?

「この子の子供を見てみたい」
こういう言葉をよく耳にします。
その気持ちはよく分かります。
では、お尋ねします。
「愛犬が産んだ子供が障害を持っていたら、あなたは最後まで面倒を見る自信がありますか?」

今からちょうど20年前、先代の柴犬のタロと出会いました。
場所は高校の同級生の家の庭。
同級生がつがいで飼っていた柴犬の子犬のうちの一匹でした。
生まれてまだ1ヶ月も経っていなかったタロ。
あまりの可愛さにもう有無を言わさずに両親の承諾を得て、その翌月にタロを我が家に迎え入れました。
しばらくは平穏な生活を送っていましたが、成長するに従って後ろ足を爬行(びっこ)するようになりました。それは段々ひどくなる一方。
動物病院に連れて行ったところ、膝に障害があることを発見しました。それも両膝に。
このまま放っておけば歩けなくなる・・・
そう言われて、まだ1歳にもならないタロは両膝の手術を受けたのでした。
手術後すぐに面会に行ったのですが、麻酔から覚めておらず寝ていました。
その手術した足を見た時には、思わず涙が流れてきました。

それからしばらくした後、クラスメートの家に遊びに行った時のことです。
その家にもタロの1年前に同じ両親から生まれた犬が飼われていました。
一緒に散歩に出たのですが、その犬の歩き方を見て・・・
「ねえ、この子足悪いの?」
すると友達はこう答えました。
「えっ?何で分かるの?」
これでお分かりでしょう。タロの膝の障害は遺伝でした。
両親のどちらかに欠陥があったのでしょう。

その友達は特に障害の有無なども確認せずにただ毎年自分の飼い犬を交配・出産させていたのです。
その当時は何も思いませんでしたが、後から怒りがこみ上げてきたものです。
タロは結局一生涯膝の障害に苦しみました。
その痛みを彼女は分かっているのだろうか?と。

こういうように、素人同士で交配・出産させている人が多いのではないでしょうか?
親犬の障害などを確認せずに・・・
結果、障害のある子犬が生まれるわけです。
その子犬を責任持って最後まで育てられますか?
医療費だって馬鹿になりません。

もし、どうしても愛犬の子供が欲しいと思うのでしたら、獣医さんやブリーダーさんとぜひ相談してください。
無理な繁殖ほど親犬どころか、不幸な子を作り出すことになるのですから。

膝の障害のために、あまり走り回ることもできなかったタロでした。
タロの1年前に生まれた犬は、膝が悪いためトイレをする時に踏ん張ることが出来ず、電信柱に逆立ちしてようやく排泄していました。
そんな犬達を見るのはもうたくさんです。
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ

Author:あっこ
三十路独身街道を驀進中。
気ままな生活を楽しんでおります。

お転婆チワワと大人しいハムスターと暮らしています。

実家には柴犬のタロが生息。時々面倒を見に行っています。

ノエル


Birth:2005年7月1日
Color:ブラウン&ホワイト(お腹の中は腹黒・・・)
Weight:3.22キロ(いつもダイエット中)
Character:大人しいふりして、実は特攻隊長。大きい犬にでもまっしぐら。いたずらの女王。


ピアノ

   
Birth:2007年7月22日
Color:ブラックソリッド
Weight:2.12キロ
Character:びびりちゃん(?)。膝乗りチワワ。超甘えん坊。


PB151036.jpg

小次郎
Birth:2006年11月17日
Color:キンクマ
Weight:不明
Character:以前はびびり。今はふてぶてしい(笑)


番外・・・

タロ(実家の柴犬)
Birth:2003年1月12日
Color:赤
Weight:13.5キロ
Character:良家(?)のボンボンらしく、柴犬にありがちな警戒心・闘争心ゼロ。以前は破壊王でしたが、今はその座をノエルに譲渡(?)。

気まま掲示板
あしあと残してくれれば嬉しいです♪
ot15-1.gif
1日1回のクリック募金
クリック募金にご協力お願い致します♪
FC2カウンター
最近の記事
バーナー



noleadbana1.gif

月別アーカイブ
カテゴリー
いくつになったの

いくつになったの

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
回転する犬
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。