--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.26

いざ、ヨーロッパ!?

私の荷物のそばで何かしているチワワが一匹・・・

PA260042.jpg


あの~すみません、ノエルさん
あなたは花ちんさんとアイアイさん宅でお留守番です・・・


PA260041.jpg


そうです。
花雪ちゃんとアイちゃんと遊んで待っていてね♪
今度はペットホテルじゃないから、ノエルも楽しんで待ってられるでしょ?


PA260043.jpg


やめてください。
麻薬探知犬に捕まります。


明日の夜から来週の日曜日までヨーロッパです。
ノエル、いい子にして待っていてね。
ノエルは強い子だから、お姉ちゃんの帰りを待ってられるよね?

皆様、しばらく留守にします。
帰ってきたら、向こうにいたノラちゃんの様子も載せますね
スポンサーサイト
2006.10.21

見学の一日

今日は毎月恒例の綱吉の湯スイミングの日。
花雪ちゃん・アイちゃん・ミュウ君はもちろんスイミング。
しかし、ノエルはもちろん見学。
抜糸が来週の火曜日だからです。
まあ、抜糸がその前でも見学だったけれど。

いつもはスイミングの時はおっかなびっくりのノエル。
しかし、今日は見学のベンチでは前のプールでの皆の泳ぎを凝視。

PA210028.jpg


いいな・・・私もやりたい・・・(チワワぬいぐるみ?と一緒に)


PA210029.jpg


いいな・・・

PA210030.jpg


いいな~~~!

花雪ちゃんシスターズがプールでおおはしゃぎで泳いでいる最中は・・・

PA210031.jpg


こんな風に身を乗り出し

PA210034.jpg


コーチ気分・・・

PA210035.jpg


来月またあるからその時は好きなだけ泳いでください。

PA140010.jpg

2006.10.18

ノエルパンダ

アイアイさん経由でゆうさんから頂いたパンダの着ぐるみです。

着た直後

PA150011.jpg



固まってしまい、段々テンション下がって・・・

PA150012.jpg



ついに沈没・・・

PA150013.jpg




まだ沈没・・・

PA150017.jpg



いい加減に遊ぶの、やめたら?

PA150020.jpg


2006.10.15

チェリオちゃん

皆さん、和歌山の動物愛護団体「Wan life」さんをご存知でしょうか?
8月に三重のブリーダーが脳腫瘍を患って入院、復帰のメドが立たないというSOSが入り、現場に入ったそうですが想像を絶するものだったそうです。
100匹近い犬を一人で面倒みていたらしく、病気になったから面倒を見れないと言っていたようですが現状を見て以前からもちゃんとしたケアなどされていなかったようです。
半分は知り合いに引きとられたようですが、それはまともなワンコ。
53頭の「尋常でない状態」のワンコたちが残っていたそうです。
詳しくはWan lifeさんの活動日誌で。
あまりの写真のワンコ達のひどさが衝撃的でした・・・

犬舎は糞尿まみれ。
中には犬種が分からないような悲惨な子もいたようです。
私もある全身皮膚病のチワワの写真を見て絶句。
自分もチワワを飼っているから何かせずにはいられないと、微力ながら医療費に当てて欲しいと支援金を送りましたが・・・

今回お話しするのは、レスキューされた53頭のうちの1頭ロングコートチワワのチェリオちゃん。
推定5歳。無理な出産を強いられてきたせいで、全ての歯が抜け落ちてしまいずっと舌が出てしまっています。そして左の目は失明・・・
すべてずさんな管理による栄養失調のせいです。

cherio.jpg


そのチェリオちゃんのレスキュー写真を見て、最初に里親に名乗り出たのが私のブログ友達のくぅちゃん。鹿児島在住とあって(Wan lifeさんは和歌山、一時預かりさんは大阪)距離的に無理であろうと思われたのですが、くぅちゃんの熱意にWan life代表の島田さんがぜひチェリオちゃんの里親にと、くぅちゃんにチェリオちゃんを委ねたのでした。

そして昨日長い長旅の末、ついにチェリオちゃんがくぅちゃんの家に到着しました。
くぅちゃんには先住犬のアリスちゃん(1歳)がいますが、アリスちゃんも嫌がらずにくぅちゃんに遊ぼう!とおねだりしていたようですが、さすがにチェリオちゃん、長旅のせいでちょっとお疲れ気味。

くぅちゃんから送られてきた写真です。

061014_2114~0001.jpg


061014_2340~0001.jpg


上の写真、随分寛いでいる感じですね(笑)

今まで悲惨な生活を余儀なくされたチェリオちゃん。
これからはくぅちゃん一家の元で幸せになって欲しいです。

そして、くぅちゃん、アリスちゃん!
頑張って!

これを読んでくれた皆様、もし出来ればくぅちゃんに応援のコメントを残してください(くぅちゃんはmixiはやっていません)。
よろしくお願いいたします。

こちらでもくぅちゃん自身のブログでも構いません。
くぅちゃんはこちらにも遊びに来てくれます

<追記>
くぅちゃんから今朝届いた2チーの様子。
魚売りのトラックの声に興味津々・・・

061015_0801~0001.jpg

2006.10.15

ノエルの嫌がらせ

ハンカチを傷口に巻いても、やはり後ろ足で必死に掻こうとするノエル。
仕方ないので、昨日マナーベルト)を買って来ました。


PA140006.jpg


これで安心!と思いきや、本人浮かない顔・・・

PA140008.jpg


私、女よ・・・いくら手術したからって・・・
ひどいわ!!!

私がお風呂から出てきたら・・・
カーペットに思いっきり大量のチッコを・・・
2006.10.13

13日の金曜日

今年二回目の13日の金曜日・・・
他の人は「ああっ、そうだったっけ?」と言うだけかもしれませんが、私は実はトラウマなんです。

それは・・・

かれこれ25年前の13日の金曜日に最初の飼い犬の紀州犬トラに噛まれて大怪我をしたからです。
当時のトラは力が強くなりすぎて今まで散歩してきた私(当時10歳!)や母ではもう到底面倒見切れず、父親にしか手が負えませんでした。
その父親は当時出張ばかりで不在が多く、トラはいつも繋がれっぱなし。ストレスが頂点になった時に私に噛み付きました。
右腕・右わき腹そして右太ももを噛まれて、私はすぐさま病院へ担ぎ込まれました。
15針縫う大怪我。しかも右腕は肉が見えていました・・・
その右腕の傷跡は25年経った今でもしっかりと残っています。
残念ながら、トラは里子に出されました。もっと可愛がってくれる家族にもらってもらおうと。結局子供のいない夫婦に引き取られていきました。
これは私たち家族の最大の汚点。ずっと背負わなければならない十字架です。
こんなことが二度とないように現在に至っています。

それ以降、13日の金曜日は気にしないようにしているのですがやはりダメ。家族などは気を使って私に言わないようにしてくれていますが、私が最初に気がついてしまいます(笑)

本当は家から出たくないんだけれど・・・無理です。


そしてノエルさん・・・
傷跡がかゆいのか、しきりに後ろ足でかこうとします。
舐めはしないのですが・・・
お腹を見ると、引っかいたのか傷跡の近くが赤くなっていました。
傷跡にもし何かあったら大変なので、私の大き目のハンカチを傷跡に巻いています。
でも、私がいない時に外れていないか心配です。

PA120004.jpg


痒いです・・・
2006.10.11

無事手術終了

ノエルの延び延びになっていた避妊手術、ようやく昨日10月10日に行われました。
今度は前回の病院とはうってかわって、手術の時間がはっきりと伝えられました(笑)

午後1時に手術の予定。それまでに何らかの理由で手術ができない場合は連絡する、それがなかったら手術が行われていると思ってくださいと言われましたが、1時までに連絡なし。
あ~、今頃手術しているのかな~と思いながら仕事をしていました。
もちろん上の空・・・と言うわけにはいかなかったけれど。
気がまぎれるだろうとわざと会社のある日に手術をしてもらったのですから。

そして・・・
午後3時半に病院から電話。
もうすでに麻酔から覚めて立ち上がっているとのこと。
あまりの早さにびっくり!
先生に確かめたところ、先生の主義で子宮も卵巣も全て取り除いたということです。そして手術時間を短くするために糸ではなくワイヤーを使用したとの事。
だから手術開始からわずか2時間半で目が覚めたんだろうな・・・
本当にほっとしました。

翌日、仕事を終えてからノエルを迎えに。
お腹の傷を見せてもらいましたが、生々しくてちょっと写真に撮ることが出来ません・・・
やはり大切な娘(あっ、妹だ)のお腹を傷を見せるのは・・・ね。
その先生は抜糸を急ぐ人でなく、抜糸の時に簡単に取れるように抜糸は10日以降にする人でした。
一週間分の薬を出されましたが、薬を飲み終わる一週間後には普通に散歩してもいいとのこと。そして薬終了後4,5日後で抜糸ということに。

よかった。私がヨーロッパに行く前に全てが終わって。

10日の夜は、一人で空っぽの部屋にまっすぐ帰るのは可哀想!と気を使ってくれたMIEさん、そして花ちんさん、アイアイさんがお付き合いしてくれて、MIEさんお薦めの焼き鳥屋さんで一杯(ではなかったんだけれどね)
終電で帰ってきたので、一人で部屋にいるのは実質的には7時間ぐらいだったんだけれど、やはり・・・何かが足りない。
もう私の部屋にはペットがいて当たり前になっていたんだな、帰ってきた時に誰かが待っていてくれるという気持ちがずっとあったんだな~と実感。

せめてマリンが生きていてくれたら・・・と酔い気味の中少し寂しい気持ちになりました。


皆さん、ご心配おかけしました。
私は大丈夫よ♪


200610112220000.jpg

2006.10.09

ワンコ三昧週末

マリンのことで色々と励ましていただき、有難うございました。
私とノエルでしばらく仲良く(?)暮らしていこうと思います。

三連休の最初の日、急遽アイアイさん(トイプーアイちゃん付)とMIEさん(ヨーキーミュウ君付)とランチをすることになりました。
しょぼくれている人間&ワンコを励ましてくれるために・・・
せっかくのお天気なので、ランチをした後大桟橋をお散歩しましょうと言うことで、私がまだ行った事のないHAMA CAFEでランチで大桟橋の散歩コースへ。

またまた不精な飼い主。せっかくのいい見晴らしなのに、写真撮影は他のお二人にお任せしてしまいました・・・
早くデジカメ新しいのを買わないと!

その後は元町に行っていつものお店のストロベリーワゴンさんへ。
ここでいつものお馴染み(?)花ちんさんファミリーに会いました。お店のオーナー、かなさんにも今回のことで大変ご心配させてしまったので申し訳なかったです。ここで改めて御礼申し上げます。
(ストロベリーワゴンさんのトップページが代わっていることに今気がつきました!下にノエルの誕生日に撮った集合写真が!かなさん、有難うございます

その後、元町フードフェアに行ってまいりました。色々なお店の屋台が出ていて、私はオムライスとビール2杯を味わいました。いつもの如くですが・・・
ワン連れだったので、あまり探検できなかったのがちょっと残念。
来年もぜひ行ってみたいです。

sikiri054.gif


そして、次の日・・・
mixiのマイミクで、み~ちゃさんとノエルの異父姉のみらいちゃん母子、そしてみのすけ君、未来ちゃんに会いに行ってきました。
所沢まで行ったのでちょっとした遠出でしたが、湘南・新宿ラインを使うと1時間半で行けました。
写真で見た感じではそんなに似ていないな、と思っていましたが、いざ会うとやはり目元が良く似ています。そして何となく性格も。
みらいちゃん、ガウガウ隊長だそうです(笑)
先輩方より先陣を切って、他のワンコに向かっていっていました。さすがに母は強し・・・
ノエルもしつこくして、お姉ちゃんに怒られていました。
少しは反省したかな?
そしてやはりみらいちゃんBABYのみぞれちゃんにみちる君、生後三ヶ月なんですが、しっかり歩いていました。可愛すぎる・・・
拉致していこうかと思ったくらいです(ウソです笑)


200610081627000.jpg


みらいちゃん(左)とノエル


20061009145309.jpg


今度は逆に。

200610081629000.jpg


みちる君

200610081631000.jpg


みぞれちゃん(左)にみちる君(右)

200610081631001.jpg


みのすけ君
残念、未来ちゃんが撮れなかった・・・

み~ちゃさん、チワワにはとてもお詳しくてびっくりしました。
色々なブリーダーさん情報も聞いて参考になりました。

み~ちゃんさん、総勢5匹で来て頂きご苦労様でした!とても楽しかったです。


sikiri054.gif


そして、その足で実家へ・・・
また両親がタロを置き去りにして千葉に行ってしまったので、ノエルと共に実家へ。
5チーと遊んで疲れているはずのノエル。
久しぶりにタロを見て、かなり興奮気味。

以下は管理人の勝手なストーリーです。

P7280143.jpg

タロジョーズ「美味そうなチワワ発見」

200610082126000.jpg

頂きだ~♪

200610082127000.jpg

あんた、何するのよ!

200610082116000.jpg


あんたは美味しそうなの?ちょっと臭いかいでみよっと。

200610082145000.jpg


やっぱり不味そうだわ・・・(後ずさり)

P7280144.jpg


両者「やれやれ、飼い主のせいで何でこんな創作しなくちゃいけないんだ」(ウソです・・・)

月曜日は、翌日に控えたノエルの避妊手術に備えてまったりと部屋でくつろぎました。

お付き合いしていただいた皆様、そしてワン達、有難うございました!
おかげさまでマリンを失った悲しい気持ちを癒すことが出来ました。
2006.10.06

土に帰す場所が無い・・・

マリンのことでmixiやこちらにコメント頂いた方、本当に有難うございました。
コメントしていただいた方は、「たかがハム」とは思っていないと思います。どんな大きさであれ、家族の一員。愛着が湧かないはずがありません。

昨日マリンを土に帰す・・・とお話しましたが・・・
生前は「巨体」だの「スリッパ」だのと言われたこのマリンのでかい体を埋めるには大変だと分かりました
簡単に猫に見つかっていたずらされるに違いないし、実家にしてもタロがいる・・・
悲しいかな、私の今のマンションの周りには土がありません。
本当に初めて気づきました。私は土がない所に住んでいるんだなって。
私自身が都市化していることに驚きました。

どうしようかと迷った挙句、検索していると「ペットの葬儀屋さん」。
横浜市にも何件かありましたが、一番融通が利くところに頼みました。
個人でやっている方らしく、時間も予約が入っていない限りいつでも大丈夫です。しかも、移動火葬車

本当は立ち会おうと思ったのですが、あいにくの激しい雨。
業者の方にマリンを引き渡して私は部屋で待っていました。
約50分後、電話がかかってきて小さな骨壷に入って戻ってきました。

このまま骨壷に入れておくのはやはり自然ではない。
私が来月実家にタロを面倒を見に帰るので、その時に庭に埋めてあげようと思います。通称「ハム塚」と言うのがあり(笑)、歴代のマリン達が眠っています。
ここなら、安心して眠れることが出来るでしょう。


最後のお別れ・・・

200610051845000.jpg


ノエルは何度もマリンの死に顔を見ているのですが、マリンが骨壷に入って戻ってきた後もケージが入っている箱を覗き込んで私の方を向きます。まるで、
「ねえ、お姉ちゃんはどこにいるの?」
みたいに。
夜寝る時もいつもならすぐに横になって寝入ってしまうのですが、起き上がってずっとマリンの骨壷の方を見ている・・・
「いいからもう寝なさい」
と無理やり寝かせたのですが・・・
朝5時ごろ、ノエルがベッドの上でうろうろと歩き始めている。
ほとんど寝ぼけている私。知らん振りしていたら・・・
いきなり顔を蹴飛ばされました!!!
「何よ~、あんたは!もうそんなにいやなら下に降りなさい!」
と抱っこして下に放り投げた(ウソです)のですが・・・
半分寝入ったところで気づきました。
そう、ノエルはトイレに行きたい時は私を起こすのです。
普通は私が起きるまでトイレをしないノエル。
ベッドの上では絶対粗相はしません。
慌てて起きると・・・
トイレにはちょっと柔らかめのウンが・・・

私だけじゃないんだよね、つらいのは。
普通にご飯を食べていたはずのノエル。
私がこんな状態だから、ノエルも心配してお腹をこわしたのかしら?
ごめんね、ノエル。
もうお姉ちゃんは大丈夫だから
2006.10.04

有難うございました

どうやって書こうかと考えていたのですが・・・

残念ながらマリンが今日午後7時半に亡くなりました。

日曜日の日記では「大分回復しました」と報告したばかりだったのに。

いきさつはこうでした。
月曜日も火曜日の朝も普通に薬を飲み、私の手からレタスとチーズを貪り取っていたマリン。
ただ気になったのが、フードがちっとも減っていないこと。
そして食べているのに糞があまり見当たらないことでした。
まあ、何でもないのかな?と思っていたのですが・・・
昨晩戻ってきていつもどおりマリンの薬を飲ませようとケージから出したところ、随分呼吸が速くなっていました。全身で息をしているようでした。
嫌な予感がしました。肺に水がたまっているのかと。
レタスとチーズ、そしてナッツは食べてくれましたが、月曜日と違って明らかに動こうとしない。
すぐに巣に戻ってしまいました。
今日の朝はどうしても会社を遅刻していくことが出来なかったので、夕方にでも・・・と思っていたのですが、今日の朝、明らかに様子がおかしい。
レタスも食べようとしません。そしてケージに入れるとそのまま巣へ。
会社員の身分がこの時ほど恨めしく思ったことはありませんでした。

そして急いで帰宅してケージを見ると、巣から出て床にペタッと横たわっていました。
手で抱えると「キュッ」と弱々しい声で鳴きました。
苦しいのでしょう。もう呼吸をしているだけ。
動くことが出来なくなっていました。
病院に連絡したところ、「連れて来れますか?」
とのことだったので、急いで連れて行きました。
病院に到着するなり、受付の方がマリンの入っているキャリーを持って病室へ。
数分後に呼ばれて病室に入っていくと、呼吸器をつけたマリンがいました。
先生が
「随分呼吸が弱っています。体もかなり冷たくなってきているので、今保温しています。このまま呼吸器をつけて今日は入院と言うことになりますが、この状態だといつ何が起こってもおかしくないです。そのことをご了承していただけますか?」
どうしようか迷った。もう明らかに長くないことが分かったから。
でも呼吸器なしでそのまま家に連れ戻すことが出来なかった。
「分かりました。お願いします・・・」

そして一度家に戻った。
戻って15分後に携帯に電話が・・・
「マリンちゃん、今息を引き取りました・・・」
不思議と涙が出てこなかった。
もうこうなることが分かっていたから。
何とか平静を保とうと我慢して、また病院にマリンを引き取りに逆戻り。
診察室に通されると先生が小さな箱を机の上に置いて待っていてくれた。
「本当に眠るように逝ってしまいました。口を開いて苦しがりながらではなかったです。一時は持ち直してくれたと思ったのですが、やはり心臓が弱っていたので発作を起こしたんでしょう。でも、この子は頑張ってくれましたよ。ちゃんと葬ってあげてください・・・」
その言葉を聞いたときにこらえていた感情が抑えきれなくなって、その場で泣いてしまった。
何とかお礼を言って病院を後にしたのですが・・・
一体私はどういう顔をして電車に乗っていたんでしょうね。
途中で小さなお花を買って帰宅。
ノエルが出迎えてくれたけれど、私の異常な態度を察知して付きまとってくる。鞄を下ろしてマリンを箱から出して、
「マリンだよ。だめだった。ごめんね・・・お別れを言ってね」
最近はマリンの顔を見ると挑発するしぐさを見せていたノエルだったけれど、動かなくなったマリンを覗き込んで臭いをかいでいた。しばらくじっとしていて動かなかった。見つめている・・・

マリンがいたケージを入れていたダンボールの上にマリンの棺もどきの箱とお花を供えました。
明日、土に帰してやろうと思っています。

200610042054000.jpg



あともう二日で二歳の誕生日を迎えられるはずだったのに・・・
今日の朝病院に連れて行ってやればよかったと思いましたが、一時持ち直してもすぐに同じことが起こっていたでしょう。

ハムスターをまた飼うかどうかは分かりません。
すぐに次の子を、なんて考えられない。いくら悲しくたってね。
中には今まで飼っていた犬やネコが死んですぐに次の子を飼う人がいます。
「悲しくて耐えられなかったから」と言いますが、それは単なる言い訳にしか私には聞こえない。
今までの子は何だったの?何で悲しんであげられないの?
それが私の本音です。
ごめんなさい、何を書いているのか分からなくなってしまいました。
ただ、マリンは今まで飼ってきたハム達の中で一番長く生きてくれた子だったので、それだけに想い入れもあったので。

最後に前のブログに載せていたマリンの写真をここに掲載しておきます。
マリンの年齢カウントダウンも削除いたしました。
タイトルも今日未明を持って変更しようと思います。
いえ、明日になるかもしれない。
まだいるとしか思えないから。ケージから音が聞こえてくる気がして仕方がないから。
皆様、ご心配していただき本当に有難うございました。



200511192235000.jpg



200512242321000.jpg


ノエルとの最初の出会い

200601302356000.jpg



200603052324000.jpg



200603140025001.jpg



200603140022000.jpg


200604022253000.jpg



200606182205000.jpg


Marine.jpg


今年の夏のお泊りのペットホテルで。

マリン、本当に有難う。
安らかに眠ってください。
2006.10.03

責任の擦り付け合い・・・

今日の夕方のTBSイヴニング5で広島のドッグパークのニュースが流されていました。

Ark-Angels代表の林さんが案内していました。
写真以上に悲惨な状況です。
そして、本当に腹に据えかねるのはこの管理者と代表者。
お互い責任の擦り付け合いです。
管理者は「ちゃんと餌をやった、量が少なかっただけ」
「ちゃんと掃除はしていた」
「最後まで面倒みようと頑張っていた」
「死んだ子に申し訳ない」
などと言っていたけれど、7月末に保健所に500頭全頭の処分を保健所に申し入れていたということです。

このふてぶてしい管理者の顔を見てください。

イブニング5

ノエルを抱っこしてみていたのですが、ノエルはステレオから聞こえてくるワンコ達の悲壮な声を聞いてブルブル震えていました。
そして目に一杯涙をためて・・・
写真で本当だと言うことをお知らせしたいのですが、私も泣いてしまってだめでした・・・
2006.10.02

再びお試しお泊り

今週末にも実行したノエルのお泊り第二弾!
今度はアイアイさん宅にお泊りさせていただきました。

土曜日に私が急遽実家に戻ってタロの面倒を見なくてはいけなくなったのと、その次の日は法事があったのでそれならお試しお泊りにはちょうどいいかも・・・と言うことで実行しました。

今回はノエルとどのようにお別れしたか?
まず花ちんさん宅でゆきちゃんのお誕生日の食事会でワン達は大暴れしてしておりました。その後、花雪パパさんがご親切にもみんなを車で送っていただいたのですが、私はいつものようにキャリーにノエルを入れてその後は・・・
一度マンションに戻り、ノエルのお泊りグッズをアイアイさんに渡してそのままさよ~なら~。

私はさらにマンションに戻り、マリンの薬をやって花雪パパサンたちのお迎えを待つことに・・・
途中で携帯に電話を入れると、ノエルを運ぶのにお手伝いしていただいた花ちんさん談によると・・・
ノエルは最初キャリーから出された時にびっくりしていたようですが、アイちゃんについてそのまま部屋の奥に入っていったそうです・・・
何だか全然緊張感無し・・・

その後、私は実家まで送っていただきました。本当に助かりました。
花雪パパさん、有難うございました!

私がタロの散歩を終えて、タロとまったりと過ごしている間アイアイさん宅では・・・

こんな状況になっていたようです。

117490976_38.jpg



117490741_96.jpg


117490741_245.jpg


117490976_249.jpg


ちなみにノエルが寝ているベッド、実はアイちゃんの物です・・・
ノエルのベッドは2番目の写真の物です。
アイアイさんから途中経過が携帯に入ってきましたが、何だか夜はあんなに花ちんさん宅で暴れたのに帰宅してからもずっとバトルしていたらしく、そして朝もずっとバトル・・・
疲れたときに何とノエルがアイアイさんに抱っこをせがんだそうです!
私にも最近はほとんどしないのに
(注・自宅にいるときはです。苦し紛れの言い訳に聞こえるな・・・)

117628824_238.jpg


そしてようやく私が迎えに行くと満面の笑み(?)

117628824_100.jpg


ニ家族でのお泊りは大成功でした。
これで10月末の海外渡航も安心していくことができます。
花ちんさん、アイアイさん、そして両パパさん、本当にお世話になりました。
お泊りの時にはよろしくお願い致します。


そしてsikiri054.gif


そしてノエルを引き取りに行って帰宅した後は今度はマリンの病院へ・・・
先生も、前回見たときよりは動きが活発になっていると言って下さいました。
ただ、やはり心臓の音はあまりよくないようです。そして注意しなければならないのは、むくみ。肺に水がたまらないようにしなければなりません。
二週間に一度でもいいと言われましたが、やはり老齢でもあるので一週間に一度の通院になりました。

食欲も相変わらずあるので、体力的には大丈夫ですねと先生。
昨日の夜は久しぶりに回し車で遊んでいました。
久しぶりのご登場です。

200610012255000.jpg

プロフィール

あっこ

Author:あっこ
三十路独身街道を驀進中。
気ままな生活を楽しんでおります。

お転婆チワワと大人しいハムスターと暮らしています。

実家には柴犬のタロが生息。時々面倒を見に行っています。

ノエル


Birth:2005年7月1日
Color:ブラウン&ホワイト(お腹の中は腹黒・・・)
Weight:3.22キロ(いつもダイエット中)
Character:大人しいふりして、実は特攻隊長。大きい犬にでもまっしぐら。いたずらの女王。


ピアノ

   
Birth:2007年7月22日
Color:ブラックソリッド
Weight:2.12キロ
Character:びびりちゃん(?)。膝乗りチワワ。超甘えん坊。


PB151036.jpg

小次郎
Birth:2006年11月17日
Color:キンクマ
Weight:不明
Character:以前はびびり。今はふてぶてしい(笑)


番外・・・

タロ(実家の柴犬)
Birth:2003年1月12日
Color:赤
Weight:13.5キロ
Character:良家(?)のボンボンらしく、柴犬にありがちな警戒心・闘争心ゼロ。以前は破壊王でしたが、今はその座をノエルに譲渡(?)。

気まま掲示板
あしあと残してくれれば嬉しいです♪
ot15-1.gif
1日1回のクリック募金
クリック募金にご協力お願い致します♪
FC2カウンター
最近の記事
バーナー



noleadbana1.gif

月別アーカイブ
カテゴリー
いくつになったの

いくつになったの

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
回転する犬
アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。